人体を蝕むもの

人間の細胞は常に新しいものと、入れ替わりながら生命活動を維持しています。
細胞の入れ替わりが行われなくなる事が死を意味していて、生命活動の終着点は、細胞の入れ変わりの流れが止まる事なのです。

細胞が入れ替わり続けているうちは人間や動物は生きていると言う事になりますが、時として細胞に異変が起きる事があります。
小さな腫瘍ではあるのですが、細胞に起こった異変は収まる事がないまま、細胞分裂を繰り返して次第に大きく範囲を拡げていきます。

この腫瘍には良性と悪性の2種類があり、良性ならば特に問題はないのですが、悪性であった場合、非常に大きな問題となります。
悪性の腫瘍は細胞分裂と細胞の入れ替わりが起こるごとに、範囲を拡げていきます、細胞の悪性腫瘍、これこそが人類の敵ガンなのです。

ガンは様々な場所に出来ますが特に胃がん、膵臓がん、大腸がんが多い事で知られています。
胃がんは誰もが知っている食べた物を消化する胃で起こる悪性腫瘍の事を指しています。

膵臓がんは、膵臓と言う少しマイナーな臓器で起こる悪性腫瘍です、あまり知られていませんが、膵臓は血糖値を操作する液体や、消化酵素を作るなどとても大事な役割を持った器官なのです。
大腸がんは大腸で発生する腫瘍で、問題が発生すれば血便、下血、下痢などを引き起こす事になり、人体に甚大な影響を与える事になります。

人間の生命活動を乗っ取る形で繁殖していく、胃がん、膵臓がん、大腸がんは人間にとっての永遠の敵と言えるでしょう。
今回はそんな敵の正体を少しでも皆様に知ってもらうと、胃がん、膵臓がん、大腸がんの事を詳しくご説明させていただきます。

OUT LINK

大腸がんの治療ならここをクリック|新大阪NKクリニック
胃がんの治療の情報はここに:池袋がんクリニック
膵臓がんのことなら|岡山NKクリニック

カテゴリー

  • カテゴリーなし